留学準備の第一歩は語彙力の強化から!!

英語を使って仕事をしたい!
そのために海外留学にいきたい!

でも、どれだけの英語力をつければ留学に行ってもいいのかわからない、という人へ。

まずは語彙力をTOEIC800点台のレベルまで鍛えましょう。

今日はどうして語彙力が大事なのか、そしてどうやって語彙力を身につければ良いのかをご説明します。

どうして語彙力が重要なのか

なぜ、語彙力が重要なのか?

語学学習には四技能という言葉があります。

「聞く(リスニング)」「話す(スピーキング)」「読む(リーディング)」「書く(ライティング)」の4つです。

この4つはどれも重要ですが、その四技能を支えているのが、「語彙力」なのです。

英語を理解し、使いこなすためには語彙力が必要です。

もし語彙力がなければ、

ビジネス・ケースでの会話や会議についていけずチームに入れてもらえないでしょう。

ビジネスはおろか現地の小学生とまともに会話できません。

せっかく留学に行っても、初級クラスの語彙力の訓練をすることになり、聞く、話すの能力向上に使える時間が短くなります。

日本にいるうちから語彙力を8,500単語まで鍛えておくことで、あなたの英語人生はより素敵なものになります。

TOEIC800点を目指せるレベルに到達します。

ビジネスで通用するレベルの英語力として現場にでることができます。

留学先でも聞く、話すを集中して伸ばす余裕が生まれます。

一つのことを表現する幅が広がり、より大人の英語を使えるようになります。

英語とともにある人生を目指すあなたの第一歩として語彙力を強化することが必要です。

800点を超えるためには最低8,500単語必要

TOEIC800点を超えるために必要な単語数は8,500単語と言われています。

参考に、TOEICのスコア別に必要な単語数の表を載せておきます。

※参考に英検やネイティブの語彙力も載せています。

TOEIC700点前後のあなたの単語数は7,500くらいになります。

あなたの今の語彙力に1,000単語さらに覚えればよいのです!

どうやって語彙力を身につけるのか

では、いったいどうやって語彙力を身につけようか?

という話になりますよね。

今日は語彙力を強化させるための方法をステップごとにお伝えします。

教材を買う

何はともあれ、教材を買ってください。

本でもアプリでも大丈夫です。

自分の目指す英語力にあった本を買ってください。

8,500単語以上の語彙力を目指すならば、以下がおすすめ。

まずは1,000単語くらいからでよい

いきなり単語帳のすべてを抑えなくてもよいです。

今の自分が知らない単語をおおよそ1,000語インプットするという気持ちではじめてみてください。

1単語1意味を言えるように

あなたが目指すべきゴールは、単語を見たら0.5秒以内(ほとんど反射神経のように)に意味と発音が答えられることです。

ただし、以下のことはしなくて良いです。

1つの単語に複数の意味があるものをすべて覚えようとする
紹介されている例文をすべて読み込もうとする
スペルを覚えるために1単語を何回も紙に書く
意味が思い出せない単語を何十秒も考える(0.5秒以内にわからなければ答えをみてください)

これらのことに時間を取られるのは、はっきり言って時間の無駄です。

できるだけすばやく学習をどんどん進めてください。

1日に300単語は目を通す

たとえ意味が最初は答えられなくても、必ず1日300単語かそれ以上に目を通してください。

1単語1秒としても300単語は300秒(=5分)です。

トイレや電車での移動でぱぱっとできてしまいます。

最低でも1日300単語に目を通し、短いスパンで何度もわからなかった単語に触れる時間を作ってください。

人間は何度も見る情報を重要な情報だととらえるように脳ができています。

1,000単語をもし1週間で10周できれば、もうその単語たちはあなたの脳にインプットされています。

まずは英単語勉強本を買いましょう

もしこの記事を読んであなたが勉強する気になったのであれば、あなたの武器となる教材を手に入れましょう。

思い立ったらすぐ行動。

英語だけでなく、今後人生で成功するための大事な姿勢です。

TOEIC800点を超えるための適切な単語帳を買ってみてください。

LINE@でお配りしています。
受験英語から抜け出せないあなたへ


義務教育では教えてくれない英語を喋る方法を10分で読める資料にまとめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です