語学留学/ワーホリの罠

語学留学やワーホリに行けば、海外文化に触れて、英語力を伸ばすことができる。

そう思っている人はいませんか?

「語学留学やワーホリにいっても英語力は伸びませんよ。」

英語をろくに勉強しないまま、留学してしまうと結局何も変わらないまま時間が過ぎます。

✓準備した留学資金(1年だと生活費も含め200万円くらいかかります)を無駄にします
✓中途半端な英語力しか手に入らず、英語を強みにした就活はできなくなります
✓1年留学したのにTOEIC700点の英語力しか身に着けられません
✓その英語力で本当に留学いったの?と人から疑われます

もしきちんとした準備をしていればあなたの夢を叶えることができるでしょう。

✓勉強しなくともTOEIC900点をとるレベルの英語力を得られます
✓ビジネスの現場でも使える英語を手に入れ、収入を増やすことができます
✓英語を使って正しくコミュニケーションをとれる人として周りから認められる

なぜ罠にハマってしまうのか?
そして、そうならないためにはどうすべきなのかをご説明します。

留学して英語力が伸びない3つの理由

なぜ、留学をしても英語力が伸びるとは限りません。

それには次の3つの理由があります

日本人向けのサービスが多い

なんだかんだ日本は世界の大国です。

人口にして1億3000万人いますし、海外に滞在している日本人は135万人います※。

※外務省 海外在留邦人数調査統計参考

あなたが留学するとしても現地で日本人に出会うことは多いでしょう。

なにか困ったことがあっても日本人コミュニティの人に聞いてみることができます。

現地で病気をするなどといった時にも日本人に対応してもらうことは可能です。

私もバンクーバーに留学していた頃に病気になったときに日本語通訳アシスタント付きの病院に行きました。

安心ではありますが、英語を伸ばすという点では甘えられるというデメリットがあります。

ペラペラじゃなくても生活ができちゃう

ぶっちゃけ海外で語学学校に通って、ただ生活するだけならTOEIC300点くらいの人でも大丈夫です。

ホストファミリーがいれば身の回りの困ったことは全部助けてくれます。

買い物をするときも欲しいものを探してお会計してしまえば、表示された値段のお金よりちょっと多く払えば大丈夫です。

日本人コミュニティに属していれば、日本人と楽しく飲んで遊んで暮らすこともできます。

1年間、ごまかしながら生活して、気づいたら英語力はあんまりついてないけど、まあ生活はできるよねっていう実績しか手に入らないこともあります。

語学学校では限界がある

実は語学学校で伸ばせる英語力には限界があります。

それには主に2つの理由があります。

1つ目は、クラスのみんなも語学を勉強しているので英語のレベルはクラスの平均になる。

2つ目は、クラスの唯一のネイティブである先生もゆっくりはっきり喋ってくれるということです。

もちろんいろんな世界の人と友人になれるという大きなメリットが語学学校にはあります。

だからといって、語学学校だけで真面目に勉強していればいいということでもないのです

留学を成功させるためにはどうすればいいのか?

では、語学留学/ワーキングホリデーの罠にはまらず、世界で通用する英語力を手に入れるにはどうすればいいのでしょうか?

答えは1つ。英語力を最低TOEIC800点程度までは上げておくべきということです。

TOEIC800点は語彙力、文法、リーディング、スピーキング、リスニング、ライティングのすべての能力が日本人の英語力の平均値よりも高い状態です。

正直ある程度喋れますし、留学しなくても英語で仕事はある程度できます。

それくらいまでは英語のレベル上げた状態でぜひ留学してほしいです。

そうすることでより専門的な内容を学んだり、ネイティブに近い英語を学ぶ余裕が生まれます。

語学留学した学生よりも圧倒的な差を生むために日本での準備がとても重要なのです

結局は準備が大事

最後になります。

この記事ではちょっと厳し目のことをいったのかなと思っています。

もちろん気持ちにウソはなくて、留学して英語力を伸ばしたいなら、事前に最大限英語力を上げる必要があります。

まずは語彙力という人はこちらをご参考にしてみてください。

LINE@でお配りしています。
受験英語から抜け出せないあなたへ


義務教育では教えてくれない英語を喋る方法を10分で読める資料にまとめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です