英文法ができないと海外就職は無理

英文法、なめていませんか?

日本の英語教育は文法ばかりで話す、聞くの部分が上達できるカリキュラムになっていない。
そんなことで世界で通用する英語力を手に入れることはできない。

というように言われていたりしますよね。

半分正解で半分大間違いです。

たしかに話す、聞くの部分が日本の英語教育のカリキュラムから完全に欠落しているのは大問題です。

ただ、英文法、めっちゃ大事ですよ。

どうして英文法が大事なのか?

そして、どうやって英文法を身に着けていくのかガイダンスをお伝えします。

なんで英文法が大事なのか?

どうして英文法が大事なのでしょうか?

私は中堅公立大学卒業ですが、海外留学でビジネスカレッジでの授業を経験し、仕事では香港で実際に英語を使って仕事をする機会をいただきました。

英文法がなぜ大事かと考えるメリットは以下の通りになります。

英文法を学ぶメリット
ビジネスにおいて対等なビジネス交渉ができる
より美しい英語を喋ることができ相手の信頼を得られる
相手に正しく思いを伝えることができる

一方で、英文法が苦手、必要ないと思っている人にはこのような未来が待っているでしょう。

英文法を学ばないデメリット
最低限のコミュニケーションはとれるけど、微妙な英語と評価される
文法がむちゃくちゃな文章は仕事で使えない
読み間違い、伝え間違いが多発し、相手を怒らせることも・・・

正しい英文法を使えないことは相手からの信頼を失ったり、就職のチャンスを逃したりすることにつながります。

文法やスペルミスで海外での面接で相手にされないことも

イギリスの大手リクルートサイトのreed.co.ukが300人の経営者にインタビューしたところ、50%の採用担当が文法やスペルミスを重要視しています。

正しい文章を理解し、使いこなせることが求められています。

履歴書は友人に英文法ができる人がいれば聞くことができます。

私もバンクーバーで面接の機会があったときは、学校の友人に相談しました。

ただ、面接の場では自分が頼れるのは自分だけ。

それまでにきちんとした文法を身に着けておくことが必要になります。

文法を身につけるには何から始めるのか

中学3年間の英文法を中心に見直しましょう。

特にまず学ぶべきは時制です。

現在形、進行形、過去形、未来を表す表現、現在完了形。

例えば、以下の2つの文章の意味の違いをきちんと説明できるでしょうか?

What did you do?

What have you done?

私は大学生になって文法を学び直すまで、2つの違いがわかりませんでした。

中学3年間の英文法をきっちりと見直した結果、今なら明確に違いを説明できます。

ぜひとも英文法を見直してください。

↓なんとなくわかるけど、はっきりとはわからないというあなたに記事を書きました。↓

現在完了系と過去形の違いを知ると表現の幅が広がる

2019.02.10

手始めに英文法を本で学びましょう

では、どうやって英文法を学ぶのか。

英文法を学ぶ本は山のようにあります。

塾の英語の先生として100人以上の生徒を教えていた私も100冊近くの英文法本を読んでいました。

その中でも関正生先生の本が日本語で学べる最良の英文法の教材です。

短くサクッと、それでも英文法の核となる部分が学べる良書ばかりです。

極端ですが、関正生で検索してヒットした英文法の本は全部買ってもいいです!

動画で学ぶならスタディサプリ

動画で英文法を学ぶという手もあります。

先程ご紹介した関先生の英文法を学ぶのには受験生向けのスタディサプリを利用するのがよいですね。

スタディサプリ(大学受験講座)

月額980円で関先生の動画授業が学べます。

下手すると本をたくさん買うよりも、一ヶ月だけ契約してがつっと英文法を学ぶほうがコスパが良いです。

教材もダウンロードできるので気に入った資料は手元に保管することができます。

スマホで通学中や、授業・バイトの休憩時間に学ぶことをおすすめします!

まずはスタディサプリに登録してみましょう

本で学ぶことももちろんとても大事です。

とはいえ、本では文字の情報しか得ることができません。

一方で動画授業は、視覚だけでなく聴覚からの刺激を得ることで記憶の定着を飛躍的にあげることができます。

講師の声のトーンでどこが重要な情報とそうでないものを選別することができます。

無料の体験期間もあるのでぜひスタディサプリに登録してみてください。

スタディサプリを始めてみる
スタディサプリ(大学受験講座)

英文法をざっと学びたい人はこちらの本を買ってみてください。

LINE@でお配りしています。
受験英語から抜け出せないあなたへ


義務教育では教えてくれない英語を喋る方法を10分で読める資料にまとめました。

2 件のコメント

  • I wrote a book called “Whaddaya Say” (amazon.com). It teaches learners how to understand real spoken English. I use it with my own students and they typically score very highly on the TOEIC. They also work for English-speaking companies and must use and understand English daily.

    I produced a video class on English listening with Udemy (“ESL English”). In the course, I teach learners how to understand real spoken English.

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です